猫に沢山囲まれて暮らしたい!多頭飼いのコツとは

猫に沢山囲まれて、暮らしてみたいと思う方もいらっしゃる事でしょう。また、保護猫を面倒見ている内に増えてしまったと言う人も居るかもしれません。

猫は単独を好む動物なので、多頭飼いをするには、向いているのでしょうか?また、沢山の仲間と仲良く暮らす事が出来るのでしょうか?

そもそも猫はテリトリーを大事にする動物ですから、自分の安心するテリトリーを確保出来ないと、ストレスを強く感じます。テリトリーを主張する為の、問題行動や喧嘩、または病気など、様々な事を想定しておかなければならないでしょう。

猫の数だけ問題も起こりますし、まずはそれだけの覚悟が一番大事になりますね。では?どんな事に注意し工夫をしたら、沢山の猫と楽しく暮らせるのか?多頭飼いを成功させるコツをいくつかご紹介していきましょう。

まずは、猫の場合は縦にテリトリーになる場所を用意してあげたいですね。広い部屋で十分ではなく、縦に寝床や居場所があれば、他の猫が視界に入る事も少なくて済みます。

また、ニオイに敏感な猫は、トイレも縄張り主張の一つになりますので、トイレも一つでは無く、頭数を配慮して考えてあげましょう。

トイレの場合は猫の健康管理もありますので、体調の変化を見極める点でも、一つと言うのは無理があります。ぜひ、スペースの事もありますが、幾つかトイレの場所を作りましょう。

また餌に関しては他の猫に邪魔をされない様に、きちんと各猫が食べれる工夫も必要です。各猫に一つずつ餌入れを用意し、その猫のペースで食べれるようにしてあげましょう。

ざっと、多頭飼いに必要な環境を考えてみたものの、実際には猫を次から次へと迎えると言うことには慎重にならなければなりません。

猫の性格によって、他の仲間と何も問題なく過ごせるタイプと、全く受け付けないタイプの猫も居ます。去勢や避妊をしている猫や、同じ年代の猫、雄同士、雌同士、など相性も見極めなければなりません。

また、育ってきた社会環境などからも、考慮しなければなりません。猫は社会化を身につける時期がとても早いので、生後まもない時期に他の仲間と触れ合っていれば問題なく、他を受け入れる事ができます。

そして、早期に避妊や去勢をしている若い猫も比較的、他の仲間と馴染みやすいとも言われます。また兄弟猫も相性が良く多頭飼いに向きます。

しかし、老猫と子猫と言うのは相性が悪い一例ですね。遊びたい子猫と、静かにしたい老猫ではお互いがストレスになり兼ねません。

先住猫が老猫で、子猫を迎えたいと言う、飼い主の陥りがちなパターンは多く見られがちですが、老猫のストレスを増やす事の無い様に先ずは心しましょう。

多頭飼いは、猫の数だけこの様な関係性が多くなりますので、これらの相性を見極める為に、個々の性格や特性をしっかりと見定めてからにしましょう。

平和な多頭飼いが出来れば、猫それぞれの、性格の違いや特徴などが見れて、観察するだけでもとても楽しく、また幸せな気持ちになる事、間違いないでしょう。

しかし、しっかりと見極めていかないとならない事を頭に入れておきましょう。多頭飼いをするスペースや世話をする時間や、経費、それぞれの猫をしっかりと観察する気持ち、全てに余裕がなければ決して出来ない事です。

安易な多頭飼いにならない様に、幸せな大家族を目指して下さいね。猫の特徴を見極めれば、決して無理ではありません。その上で、快適な環境作りを工夫していきましょう。